読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徒然ぽぽこ

好きな事用

19冊目「本日はお日柄もよく」原田マハ

カフーを待ちわびて」が一番有名な、原田マハ。映画にもなってました。

 

お仕事小説、と書いてあって、お仕事嫌いなわたしは(笑)避けてたんですが、なんかしらんけどもうわんわん泣きながら読みました。

職場の後輩にこの本を進められて、はじめの数ページで泣いて、あ、こらあかん家で読もう、と思いました。

お涙ちょうだい感動系ではないんですけど。

なんかよくわかんないくらい泣きました。

主人公は若いOLさん。知り合いの結婚式で、びっくりするほどすばらしいスピーチに出会って、そのスピーチを作った女性に興味を持つようになる。スピーチの奥深さももちろんのこと、働くって、恋愛って、生きるって、伝えるって、難しいけれど、立ち向かうしかない。

 

たったひとつのよきもののために。

 

うろ覚えですみません。笑

この人の文章自体はわりとあっさりさっくりしてて、読みやすいです。もともと絵画?美術系のお仕事してた人だとかで、文芸文芸していないというか、どちらかというと平易な文章です。キャラクターもわかりやすい。

だからこそ手に取りやすいと思います。

 

本日は、お日柄もよく [ 原田マハ ]
価格:699円(税込、送料無料)