徒然ぽぽこ

好きな事用

23冊目「八日目の蝉」角田光代

角田光代さんは「十八の夏」読んで、わりと重たい人間関係描くひとだなーと思っていましたが、これもまた例にもれず。

 

主人公は、どちらととってもいいですが、お母さんか、娘です。不倫の末に、相手の男の生まれたての娘を誘拐してしまった女の人が、子育てするんです。文字通りその赤ちゃんを、子育てする。子供は、もちろんお母さんだと思って生きていく。

見つかりそうになったり、貧しい思いをしたり、新興宗教にはまったり、でもなんとか親子を続けていく。娘にしたら、間違いなくお母さんはお母さんなんだけど。

難しいテーマというか、悪いのはそりゃあその女の人が悪い。

でも親子が始まってしまったら親子でいるしかないというか、説明しづらい。とにかく親子って何だろう、母親って何だろう、根本的に考えてしまう作品でした。

 

ぐさっとささるという意味で、とても面白かったです。

さわやかに心打たれる派内でもないし、ハッピーエンドかといわれるとそんなこともなくて、娘側の気持ちになるとやりきれないし、珍しく事件の終わった後の話まで描かれているか、消化しきれない思いは残ります。

でもだからこそ、いい作品なんだろうなと思いました。

井上真央永作博美が主演で映画になっています。


 

八日目の蝉 スペシャル版 [ 井上真央 ]
価格:4010円(税込、送料無料)