読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徒然ぽぽこ

好きな事用

37冊目「ソロモンの偽証」宮部みゆき

宮部みゆきは中学生のころから好きで、私の母も好きで、ほとんど読んでいます。

好きな作品はたくさんあって「長い長い殺人」とか「蒲生邸事件」とか、有名どころではないやつもお勧めしたいなと思ったんですが、とりあえずは最近のをと。

 

主人公は中学生の女の子。ある雪の朝、学校へ行くと、クラスメイトの一人が学校で自殺したとわかる。その死をめぐって、錯綜する人々の噂。自殺なのか、他殺なのか、いじめはあったのか。教師、マスコミ、警察、カウンセラー。殺しを見たという謎の投書、疑惑の不良、とにかく振り回される主人公たちクラスメイト。

そして、決意します。自分たちで、この事件の裁判を行うことを。

 

宮部みゆきがいつもすごいなあと思うのは、ブレイブストーリーもそうだったんですが、下地を固めるのに本当に余念がないんですよね。

ブレイブストーリーなら異世界にトリップ後、この話なら裁判開始後が、まあメインタームなわけで、普通そこのボリュームをぐっと多くして、あとは多少穴があっても読者は気付かないはずなのに。

メインに突入するまでの地盤固めがすごい。映画にもなっていて、もちろん映画版は裁判メインにはなっていますけど、その裁判のために描かれる人間関係やエピソードのひとつひとつのち密さが、すげぇ、としか言いようがない。

 

あと、学校内の子供同士の交流もうまいです。この人何歳なんだ、ていつも思う笑

ご本人がゲームオタクなだけあって、中2病要素も見え隠れするんです。それがなんか個人的には嬉しい。ただのお堅いミステリ、ヒューマンドラマじゃなくて、そういうヒロイックでドラマチックな演出もちゃんとちりばめられている。

 

印象に残っているのは、神崎がいじめにあってた子の気持ちを裁判で述べる部分です。何故か泣けた。歯を食いしばりながら泣けた。自分はいじめられた経験はないんだけど、「誰かが自分の思いを叫んでくれる」という事象に泣けた。

 

ボリューミーですが、一読の価値はありです。気合い入れて読んでください。ちょっと重いわ、っていうひとはブレイブストーリーを。もっとワクワクドキドキがいい!ていう方はドリームバスターを。テンプレなミステリがいい!ていう方は長い長い殺人を。

 

いや、本を読むのは、という方は映画見てください。少しものたりないですが、世界観は味わえます。

 

にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

ソロモンの偽証(第1部) [ 宮部みゆき ]
価格:1944円(税込、送料無料)