徒然ぽぽこ

好きな事用

42冊目「目嚢」加門七海

ホラーです。

私の好きなタイプのホラーです。

 

私の好きなタイプのホラーは、グロさに頼らず、日常にひっそり寄り添ってくるような、じとっとしたホラーです。

 

加門さんのは、何かの短編集で読んで、うわーじっとりこわいなー好きだなーって思った記憶がありました。たしか黄泉比良坂の話だったな。

 

主人公は作家です。怖い話を専門にしてて、ある時妹の嫁ぎ先の蔵から出てきた古い日記の解読を頼まれます。調べていくうちに、その家にまつわるアレコレがわかってきて、同時に奇妙な現象が身の回りに起こるように。

 

これもじっとり怖かったです。地味だと言われたら地味です。でも本当に怖いのはこういう感じだよなあ、て思うんですよね。

 

残穢」みたいなのだと思ってもらえたら正解です。このタイプの話が好きな人、ぜひ仲良くしてください。笑

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

目嚢ーめぶくろー [ 加門七海 ]
価格:583円(税込、送料無料) (2016/10/20時点)